「なぞとき!『この形はどうやったら作れる?』〜考える力のトレーニング〜」を開催しました!

この形

今日の11:00から、テック先生のオンラインラボ

「なぞとき!『この形はどうやったら作れる?』〜考える力のトレーニング〜」

を開催いたしました!

このラボは、私が出題する「お題の形」がどのようにできているか、考えて実際に作ってもらうというものです。

使って良いものは、ハサミだけ!

どこかを切り取ったり、くっつけることなくできている不思議な形。

「えーどうなってるのー!」

という楽しげな声を聞けて、私は大満足でした!<(`▽´)>エッヘン

ちょっとした宿題も出せたことですし、この夏休みの自由研究のヒントになったら良いな〜と思います。

お題の形がどのようにできているか考え、頭の中で想像し、試行錯誤することは、『頭の体操』にもってこいです。

いろんな形を触って、いろんな角度で見て、どのようにできているか考えること。

すると、次第に実物が手元になくても、頭の中で作って・触って・回転させることができるようになります。

高校の数学では、ある立体を斜めに切った断面の面積を求めたり、

ある頂点と辺ABの中点、辺BDを2:3に分けた点Fを結んだ面で切った、小さい方の面積を求めたり……(; ゜д゜)コンガラガル

頭から火が吹きそうになるような、頭ひねる必要がある問題を解くことになります(笑)

他にも、英語の問題を解く時にも、今回の『頭の中でものを動かす』ような頭の働きが役に立ちます。

英語は、単語というブロックをうまく組み立てる……だけではありません!

単語の中には、必ずくっついてないといけない単語があったり、使いたい単語と品詞が違う単語しか選択できなかったり。

そんな時に、組み立て方を変えると文章ができることは多いです。

図形を勉強であつかうのは、じつは数学だけじゃないと思うと、意外と面白く感じませんか♪

ぜひ、いろんなものをたくさん触って、その形がどんな構造になっているか(どうやったら自分で作れるのか)想像してみて、

考える力を鍛えてみてくださいね!

今日のラボでの私自身の感想は、子供たちにはそれぞれの違った強さを持っていると感じました。

ものづくりの世界では、実物を見ることが経験のうちの一つになるので、結構重要だったりするのですが、

オンラインという環境で、実物を間近で見せたり・触ってもらったりということができない難しさを感じていました。

しかし、そんな中でも、

問題に取り組む子供たちは、難しさの中でも楽しむ心や、朗らかな明るさ最後まで諦めない強さを持っていました。

画面を食い入るように見つめるその眼差しは、みんな真剣そのもの。

素敵な表情と、真っ直ぐで強いココロを見せてもらいました!

くーッ!私もその実直さ、強さ、負けてられないな〜!

次回に備えて、新しい問題を考えておきますね♪^^

今日も、お疲れ様でした!

0