自己紹介

高専で5年間プログラミングを学んで言えること

最近、というより少し前から「プログラミング教室」なるものがあるようですね。

国立の工業高等専門学校(通称:高専)で、5年間プログラミングについても学んできた経験から、

プログラミングの勉強の始め方について、ちょこっとだけお話ししてみようと思います。^^


まず最初に、結論を言うと、

プログラミングは、自分で組んだプログラムで何がしたいかを想像した上で、学び始めることをおすすめします。

私ははじめ、プログラミングにはかな〜りつまずきました。笑

理由はこうです。

「プログラムは組めた。……だから何?」

そう、わたくし『Hello World』でまったくもって感動しなかった中の一人なのです。笑

「だって、プログラミングで『Hello World』って表示させてって命令を書いたんだもん。

そりゃあ表示されるに決まってるじゃん」

この頃のテック先生、完全に情緒もへったくれもありません……。(゜_゜;)笑

ここで私は思いました。

「プログラミングは、『なぜプログラミングを習いたい・始めたいと思ったか』という終着点が必要なんだ!」と。

たとえ、

「よ〜し!プログラミングってなんかよく分からない画面に英語書いててかっこいいから始めるぞ〜!」とか、

「将来お金になる仕事だから、今のうちから子供に習わせよう!」とか、

そういう考えで始めるにしても、『何のために学ぶのか』『学んだプログラムをどう活かすのか』がなければ、

正直、苦痛でしかありません……。

(というか実際、自分なりの面白みを見つけるまでは、本っっっ当に苦痛でした笑)

例えるなら、真っ暗な森の中で目的地のない旅をするようなものです。

しかも、いつ・どう使うのかもまだよく分かってない、最新道具をやたらたくさん持って……。(ドウツカッタライイノ?>(´・ω・`)

では、そののち、どうやって苦痛タイムから抜け出したかというと、、、、簡単です。

「○○できる△△を作ってみよう!」

と思い立ったことでした。

最初はプログラミングで何ができるかもよく分かっていなかったので、

プログラミングの授業で、LEDを決まった秒数点滅させたりしだしたあたりで、ようやく目的地ができ始めました。

「あー、じゃあこんなこともできるんじゃないかな?」「こんなのあったら面白いかな?」

その気持ち・その考え方ひとつで、大きく変わったのです!

次第にたくさんの想像が湧き出し、

「音楽を聞かせただけで、音に合わせてLEDを点滅させたい」というものなどもありました。

今思うと、プログラミングを習い始めるより前から、「どこかに目的地があれば、もっと楽しく勉強に没頭できたのにな〜」と今でも思います。

だからこそ、学ぶ始める前には、自分で組んだプログラムで何がしたいかを考えておくことをおすすめします♪

(次のステップの、「プログラミングを学ぶってどういうこと?」「何をどうやって学べばいいの?」「習い事教室に通う必要はあるの?」などは、また別の機会にお話ししますね♪^^)

0

テック先生から9月のあいさつ

お久しぶりです!

お盆中に更新しようと思っていたのですが、バタバタしていたら、だいぶ遅くなりました。汗

お盆を開けたと同時に、小学校・中学校は2学期が始まったところが多いようですね。

定期テストも迫っているようで、勉強に寄ったラボ案についても画策している、今日この頃です。

9月といえば、お仕事の連絡をする時、『残暑の候』や『新秋の折』というあいさつを使います。

こういった「時候のあいさつ」は、たしか、小学校2年生か3年生ぐらいで習った記憶があります。

よく考えてみてください……これって、すごいですよね!

7歳とか8歳で習った言葉が、20歳を過ぎて、役に立ってくるんですよ!

小学生だった当時は、

「へー、そんな熟語あるんだ〜」(°▽° )ファー

「暑さを3段階で表したり、春夏秋冬を組み合わせるなんて、日本の表現は風流だな〜」⊂⌒~つ。Д。)つゴロン

という程度にしか考えてませんでした。

むしろ、硬筆や書写の授業は、手が疲れたり、墨の処理が大変だなーと思っていたタイプです。笑

とは言っても、なんだかんだ真面目に授業を受けていたあの頃の自分に、今は本当に感謝しています。( ̄▽ ̄)b ヨクヤッタ!

まとめと言っては何ですが、、、

私は、比較的どんなことも“そつなく”こなしてきたタイプの小学生で、褒め称えられたような記憶は、そうそうありませんでした。

ですが、どんなことも向き合って、しっかり取り組んでいたら、努力や頑張りを本当に理解してくれる人から褒められるんだと、今は実感しています。

だから、今、すごく上手いわけではなく、誰にも褒められなくても、何ひとつ問題ないですよ!

大事なのは、「今、目の前にある物事に、どれだけ真剣に向き合うか」だと思っています。

「頑張ろうと向き合った時間・考えた・使った体力や精神力」を誰よりも理解している人は必ずいるんですから。

え?「そんなに自分を見てる人なんかいないよ!」だって?

いるじゃないですか、自分を褒めてくれる人。見えない頑張りだって全て知っていて、その頑張りを認めてくれる……

未来の自分がいるじゃないですか……!

過去を振り返って、「昔の経験は自分を裏切らない」と言う人がいますが、それは未来も同じだと思います。

誰にも褒められなくったって、いくら失敗したって、後悔したって、その上に成り立っているのが未来の自分です。

その経験があったから、何かができたり、同じ失敗を繰り返さずに済んだのであれば、未来の自分は「今頑張っていることを無駄だ」とは絶対に言わないでしょう。

なので、大事なのは、「今、目の前にある物事に、どれだけ真剣に向き合うか」これに限ると思います!

これをしたら褒められるからとか、これは時間の無駄だとか、そんなこと決めつける前に、いろんなことに真剣に向き合ってみて欲しいと思います♪

(ありのままの自分を楽しんでいる、テック先生より)

0